アップル

    apple


    1: 海王星(光) [US] 2020/12/22(火) 08:38:16.22 ID:Giblz2fm0● BE:969416932-2BP(2000)
    sssp://img.5ch.net/ico/morara_tya.gif
    【ニューヨーク共同】ロイター通信は21日、米アップルが自動運転技術の開発を進めており、2024年までの乗用車生産を目指していると報じた。
    コストを抑えた高性能電池を搭載し、航続距離が長くなるとみられる。新型コロナウイルスの影響で生産開始は25年以降にずれ込む可能性もあるという。

     アップルは以前から自動車関連の技術開発を進めてきたとされるが、電気自動車(EV)に実際に参入すれば、既存の自動車メーカーの手ごわい競争相手になりそうだ。

     アップルは車の生産を他社に委託する見通し。車メーカーへの自動運転システムの提供にとどまる可能性もあるとしている。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4b26f890eee2e6a381cbc0bb2d2f04a47d6e8df6



    【【IT】アップル、自動運転の乗用車を生産へ】の続きを読む

    bill-gates-face-closeup-in-black-and-white-colors_91-2147487110




    1: 太陽(東京都) [DE] 2020/12/20(日) 00:14:06.43 ID:Xhb/38q70 BE:501636691-BRZ(11001)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu03.gif
    米マイクロソフトが、クラウドサービス向けのサーバーとパソコンの「サーフェス」に、
    自社で設計・開発したCPU(中央演算処理装置)を搭載する計画を進めていることが分かった。
    事情に詳しい関係者が明らかにした。

    同関係者によると、マイクロソフトは英半導体設計大手ARMの半導体技術を利用する。
    実現すれば、米半導体大手インテルへの依存度が下がる可能性がある。
    マイクロソフトがCPUを自社開発するという情報は、ブルームバーグが先に報じた。

    マイクロソフトは現在、クラウドサービス「アジュール」とサーフェス向けの半導体について、
    インテルとアドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)に大きく依存している。

    一方で、同社はすでにアンペア・コンピューティング、
    マーベル・テクノロジー・グループ、クアルコムと共同でプロセッサーの開発を進めているという。
    米アップルも先月、自社開発のCPU「M1」を搭載したパソコン「Mac(マック)」を発売した。

    マイクロソフトの広報担当は、半導体を重点分野と考えているとし、「設計・製造・ツールといった分野で自社の能力への投資を続けていく」と述べた。
    ARMはコメントを控えている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5e8d84b9c5b394973b31183120a005aea63bc1bc



    【【挑戦】マイクロソフト、「Surface」 に自社設計のCPU搭載へ】の続きを読む

    gachagacha_5299




    1: 高輝度青色変光星(東京都) [ニダ] 2020/12/20(日) 23:55:04.48 ID:H4wKmDA20● BE:295723299-2BP(4000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    アップル、批判受けアプリ手数料半減 どんな事情があったのか?
    小久保重信 | 株式会社ニューズフロント フェロー
    12/20(日) 12:08

     米アップルは先ごろ、一定の条件を満たす事業者に対し、同社のアプリストア「App Store」でのアプリ販売・課金手数料をこれまでの30%から15%に下げると明らかにした。
     2021年1月1日に始める中小のアプリ事業者向けプログラムへの加入資格を持つ企業が対象だ。条件とは2020年にApp Storeから得た収益の合計が100万ドル(約1億300万円)以下の企業。2021年から新規にアプリ販売を始める事業者も減額の対象になるとしている。
     また、2022年以降も前年の収益が基準額に満たない場合、引き続き軽減措置を受けられるという。
     アップルがApp Storeを立ち上げたのは2008年。同社はそれ以降、手数料に関して明確な指針を示してきたが、今回のような措置は異例だ。

    以下ソース
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kokuboshigenobu/20201220-00213486/




    【【朗報】アップルさん、スマゲのガチャなどの手数料を30%→15%に】の続きを読む

    figure_break_hammer



    1: セドナ(東京都) [IN] 2020/12/14(月) 13:03:09.44 ID:hXA1PPPe0● BE:878898748-PLT(16000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    インドのiPhone工場で働く労働者2000人に対して賃金が未払いだったとして、労働者らが怒りの大規模デモを行っている。

    アップル直接の工場ではなくウィストロンという台湾の委託メーカー。南インド、カルナータカ州にある工場は
    数千人以上にものぼる労働者がアップルのiPhone生産に動員されている。

    現地メディアの報道によると、12日夜、夜間勤務を終えた労働者約2000人は、この4ヵ月間、給与をきちんと受けられなかった上、
    相次ぐ追加勤務などに不当さを感じデモを決行したという。


    彼らは閉鎖回路(CC)テレビと工場内の照明、ガラスの壁などを粉々にし、生産設備と車両などに火を付けるなど過激なデモを続けた。

    公開された現場の映像には、怒った表情で石を投げ、棒を振り回す労働者たちと残骸で埋まった工場内部の様子が映っている。

    労働者らは、工科大学卒業生基準で月給2万1000ルピー(約3万円)の給与を受けることを約束した後、仕事を始めた。
    しかし実際の支給額はこれに及ばない1万6000ルピー(約2万円)で、この額さえも数ヵ月間で約1万2000ルピー(約1万7000円)となってしまった。


    ウィストロン側はまだこれに関する公式立場を示していない中、当該工場はアップルのiPhoneだけでなく、
    様々なIT製品や部品などを生産してきたという。台湾に本社を置くウィストロンは今夏、中国メーカーのラックスシェアが買収した。
    関連企業にはAOpneなどがある。

    一方、アップルの委託製造会社が労働法を違反し問題となったのは今回が初めてではない。
    先月も台湾のペガトロンが書類偽造などで夜間・超過勤務に学生勤労者を働かせるなど労働規定を違反した事実が摘発された。
    アップルはペガトロンへの追加発注を中止し、関連責任者は解雇された。

    https://gogotsu.com/archives/61359
    no title

    no title

    no title

    no title

    https://dotup.org/uploda/dotup.org2333236.gif

    【【悲報】インドで労働者怒りの大規模デモが発生w 工場で作っていたのはあの製品だった・・(; ̄Д ̄)】の続きを読む


    1: 少考さん ★ 2020/12/08(火) 23:45:19.47 ID:LmqhQnjb9
    アップルのヘッドフォン「AirPods Max」。“これまでにないサウンド体験” - AV Watch
    https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1293918.html

    山崎健太郎2020年12月8日 23:07

    no title

    no title


    アップルは8日、ヘッドフォン「AirPods Max」を発表した。12月15日から発売し、価格は61,800円。独自の音響設計、左右2つのH1チップ、先進的なソフトウェアを組み合わせ、「アダプティブイコライゼーション、アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモード、空間オーディオを通じてこれまでにないサウンド体験を提供する」という。カラーはスペースグレイ、シルバー、スカイブルー、グリーン、ピンクの5色。8日から予約受付を開始している。

    「キャノピーからイヤークッションに至るまで、AirPods Maxのあらゆる部分が丹念に作り込まれ、どのユーザーにとっても格別な音響特性を発揮できる仕組みになっている」という。ヘッドバンドには通気性のあるニットメッシュ素材が使われ、ヘッドフォン全体の重さを分散して頭部にかかる圧力を低減。ステンレススチール製フレームのヘッドバンドは耐久性と柔軟性に優れ、「どんな形やサイズの頭にもなじむ」という。

    左右のハウジングは「画期的なメカニズム」でヘッドバンドに取り付けられており、イヤーカップによる圧力を調節し、分散すると同時に、それぞれが独立して回転することで、ユーザーごとに異なる頭の曲線にフィットする。

    それぞれのイヤークッションには音響を考えた形状記憶フォームを採用しており、密閉性を高めた。「Apple Watchからヒントを得た」というDigital Crownを備え、「正確な音量調節、音楽の再生と一時停止、曲のスキップ、電話への応答と通話の終了、Siriの起動を思いのままにこなせる」という。

    ユニットは、アップルが設計した40mm口径のダイナミックドライバを搭載。「深みのある豊かな低音域、正確な中音域、明瞭で透き通った高音域の伸びにより、どんな音もはっきりと聞こえる」とする。

    独自のデュアルネオジムリング磁石モーターを採用し、音量を最大にした場合でも、すべての可聴域で全高調波歪みを1%未満にとどめた。ヘッドフォンの重量は384.8g。

    左右のハウジングには、それぞれH1チップを搭載。独自の音響設計、先進的なソフトウェアを備えている。それぞれのH1チップが持つ毎秒90億回の演算処理が可能な10個のオーディオコアを活用したコンピュテーショナルオーディオにより、「アダプティブイコライゼーション」、「アクティブノイズキャンセリング」、「外部音取り込みモード」、「空間オーディオ」といったサウンド体験を実現する。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    Apple、AirPods Max を発表──AirPodsの魔法をオーバーイヤーヘッドフォンで実現 - Apple (日本)
    https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/12/apple-introduces-airpods-max-the-magic-of-airpods-in-a-stunning-over-ear-design/

    【【ヘッドフォン】アップル “これまでにないサウンド体験” を 『これまでにない』61800円で発売・・ 15日から】の続きを読む

    このページのトップヘ