ドコモ

    money_kakaku_kyousou




    1: 速報 ★ 2020/12/22(火) 01:29:43.17 ID:lPzgOjBr9
    ※朝日新聞

    https://www.asahi.com/articles/ASNDP76Z4NDPULFA031.html

     ソフトバンクは、携帯電話の料金で、データ容量20ギガバイト(GB)で税抜き月2980円の新しいプランを来年3月にも始める方針を固めた。手続きをオンラインに特化してコストを下げる。NTTドコモが今月3日に発表した新プラン「ahamo(アハモ)」と同じ水準の料金にして対抗する。
     22日に発表する。ソフトバンクは新料金プランを打ち出す枠組みとして、発行済み株式の6割を保有する傘下の格安スマホ「LINEモバイル」を吸収合併する方向で調整している。また、LINEモバイルの残りの株式を持つLINEと、ソフトバンク傘下のZホールディングスが来年3月ごろに統合する予定。これらを踏まえ、LINEブランドを生かして新料金プランを提供する方向だ。
     ソフトバンクは主に、大容量中心のメインブランド「ソフトバンク」と、小~中容量の割安ブランド「ワイモバイル」で展開してきた。ワイモバイルからは、10月末に20GBで4480円のプランを発表。今回の新プランと合わせ、料金体系を刷新する見通しだ。
     ドコモが今月、ソフトバンクなどの料金を下回るプランを発表し、ライバル社の対抗策が焦点となっていた。KDDI(au)も、来年1月に新しい料金プランを発表する方向で調整している。(井上亮)


    ★1 2020/12/21(月) 19:26:37.07
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1608559453/



    【【愛され禿】ドコモに対抗、ソフトバンクも月2980円(税抜)の料金プラン発表   】の続きを読む

    text_oshirase


    1: アンドロメダ銀河(大阪府) [US] 2020/12/18(金) 12:47:46.92 ID:tt+ASF9g0 BE:323057825-PLT(12000)
    sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
     NTTドコモは12月18日、携帯キャリア乗り換え時の手数料を2021年4月1日に廃止すると発表した。
    総務省の指摘を受け、これまで3000円(税別)だったMy docomoでのオンライン手続き、ドコモショップやコールセンターでの手続きを無料化する。

    ドコモ、他社への乗り換え手数料を廃止 総務省の指摘受け
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2012/18/news085.html
    no title






    【【朗報】ドコモ、他社への乗り換え手数料を無料化】の続きを読む


    1: 鬼瓦権蔵 ★ 2020/12/09(水) 16:44:47.39 ID:W8oY0GcA9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/385341981f902051bb25f731f0d437694a6b22b1

    データMAX 5G with Amazonプライムの料金設定
    no title

    「au解約」がトレンド入り
    no title



    みんなの意見
    auが新料金プラン発表、携帯会社どこがいい? 投票数:11,203票
    NTTドコモ 78.6%
    楽天モバイル 7.7%
    その他 4.9%
    ソフトバンク、Y!mobile 4.4%
    au、UQ mobile 4.3%


    KDDIが12月9日に発表した5Gスマートフォン向け新料金プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」に対し、Twitterでは「期待外れ」「微妙」「ahamoと比べると分かりにくい」などの声が相次いでいる。

    データMAX 5G with Amazonプライムは、データ容量の上限がなく「Amazonプライム」や動画見放題サービス「TELASA」の利用料がセットのプラン。
    KDDIの東海林崇(しようじたかし)副社長は発表会で「月額3760円から提供する」と安さを強調していたが、これは「スマホ応援割III」や「5Gスタート割」など、各種割引を適用した価格だ。

    割引を適用しない場合の価格は月額9350円(税別、以下同)で、月間のデータ使用量が2GB以下の場合は自動で7870円に値下げする。
    Twitterでは発表直後から「auの新プラン」「月9350円」がトレンド入りしたが、3日にNTTドコモが発表した新プラン「ahamo」と比較する声が続出。

    複雑な割引を設けずに月20GB・月額2980円のahamoに比べ、各種割引を適用しないと安くならない料金設定に「結局条件付きか」とがっかりする声が上がっている。

    ahamoは月20GBで、動画サービスなどは付属しない。
    データ容量無制限で、各種サービスが付属するデータMAX 5G with Amazonプライムとはターゲット層が異なり、優劣を比較するのは難しい。

    ただし音声通話の面では、ahamoは5分までの通話料が無料だが、データMAX 5G with Amazonプライムは30秒ごとに20円の通話料がかかる。
    この差もユーザーの批判の的になっているようで、Twitterではauからドコモへの乗り換えを検討する声もあった。

    東海林副社長は発表会で、報道陣からahamoの印象を問われた際に「市場に一定のインパクトを与える」と警戒心をうかがわせた。
    ahamoのリリースを受けて、特典を充実させた大容量プランを打ち出したKDDIだが、ユーザーにahamoほど鮮烈な印象を与えることはできなかったようだ。

    9日正午ごろにはTwitterで「au解約」がトレンド入りした。

    【訂正:2020年12月9日午後1時46分:初出時、データMAX 5G with Amazonプライムの料金を税込としていましたが、正しくは税別だったため訂正しました】

    ITmedia NEWS

    【【悲報】auの新プラン「月額9350円」 が凄いw】の続きを読む


    1: ばーど ★ 2020/12/05(土) 05:58:33.61 ID:6XdqVNEt9
    91ecc1acdc2c4fa37b178b98a8786438_t


    今年4月から携帯電話事業に本格参入している楽天が、データ通信量3~5ギガバイトで現行プランの半値となる千円台も視野に、低容量・低価格の新プラン創設を検討していることが4日、分かった。

     3日に20ギガバイトを2980円で提供する新料金プランを発表したNTTドコモへの対抗措置とみられる。同社が展開する格安スマートフォンの利用者向けにアンケートを開始しており、プラン創設の可否を含め詳細を今後詰める見通し。

     アンケートでは、同社の格安スマホから、主力サービスに移る条件について質問。現状の月額2980円で自社の通信エリアではデータ無制限というプラン以外に、格安スマホと同水準、主力サービスの半額程度で3~5ギガバイト程度のプランなどの選択肢を提示して、利用者の意向を聞いている。

     ほかにもデータ通信量が3ギガバイトや5ギガバイトのプランが提供されると想定したときの妥当な料金を具体的に尋ねるなど、一定の原案を基に、ユーザーの反応を確かめるような設問になっている。

     楽天は参入前の今年3月に「大手の半額以下」との触れ込みで料金プランを発表。プラン数も1つに絞り分かりやすさを強調してきた。しかし、通信エリアの狭さなどがネックとなり、契約者は伸び悩んでいる。

     基地局整備を急ぎ、通信品質を向上させることで契約を伸ばす考えだったが、ドコモが同価格の新プランを発表したことで、関係者の間では楽天が窮地に立たされたとみる向きが強まっている。楽天はアンケートについて「お客さまのサービス向上のために行った」と述べている。

    2020年12月4日 22時23分 産経新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/19329631/

    【【値下げ競争】楽天、3~5ギガの低容量プラン検討へ ドコモに勝利!?】の続きを読む


    1: trick ★ 2020/12/06(日) 23:53:52.64 ID:CAP_USER
    91ecc1acdc2c4fa37b178b98a8786438_t


    NTTドコモが「アプリ設定サポート」を提供開始 1650円は高い?他社と比較してみると...: J-CAST ニュース【全文表示】
    https://www.j-cast.com/2020/12/06400278.html?p=all
    2020年12月06日17時00分

    携帯電話を買い替えた時、必ずやらなければならないのが「アプリの設定」。LINE、ツイッター、インスタグラムにフェイスブック、そしてゲーム各種...。数あるアプリの設定を早急に、かつ自分で行う必要がある。

    (中略)

    不得意な人にはハードルが高いかもしれない。

    こうした中で通信大手のNTTドコモは、2020年12月1日から、ドコモサービス以外の一部アプリの初期設定や、アカウントデータの引継ぎをサポートする「アプリ設定サポート」を、全国のドコモショップ(一部店舗除く)で実施している。

    対象となるアプリは「LINE」「Twitter」「Facebook」「Instagram」「メルカリ」「モバイルSuica」「ディズニー ツムツム」の8アプリ。SNSや人気ゲーム等の主要アプリだ。

    (中略)
    気になるお値段は1アプリ1650円(税込)。こちらに関してはツイッターでは様々な声が上がっている。

    「びっくりするくらい高い」
    「個人的には高いような気もするけど『自分で出来ない事を他人にお願いする』という意味合いでは払っても問題無い値段かと」
    「自分でできる人は高いと思うだろうけど、要はそれすら出来ない人の相手をしなくちゃいけないという事を考えたら妥当な値段だと思う」
    「人件費考えると安い」

    (中略)

    大手家電量販店のサービスと比較すると...
    このような声に対し、担当者はどう受け止めているのか。


    「価格設定はトライアルの中で幅をもって実施したことが一番大きいです。このサービスは使うお客様が限定的なサービスだと認識しています。今の20代の子が使うかといったら使わないですし。家族とかにも(設定を)教えてもらえない方が、この値段で満足される方が多かったです。


    担当者によれば、家電量販店で提供しているアプリ設定サービスの価格も見て決めており、「市場価格より低く設定してあると思います」とのこと。また、スタッフの人件費などのバランスもあるという。

    「高いとか安いというのは、その人が設定かかる時間が基準になっていると思います。こういうサービスを求められる方は、人のサポートがある中でもそれなりに時間がかかるお客様かなと思っています」(広報担当者)
    J-CASTニュースは KDDI、ソフトバンク の大手キャリア2社と、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダデンキ、上新電機、ケーズホールディングス、エディオン、ノジマの大手家電量販店7社を取材。「スマホアプリのインストール・設定」に近いサービスの有無と詳細を以下の図にまとめた。

    KDDIはLINEの概要を店頭で配布し、公式サイト上にも「よくある質問」の一つとして使用法を掲載。また月額590円(税別)の「使い方サポート」では、電話やチャットで各種アプリの設定・使用法を説明するとしている。

    一方、ソフトバンクは「有償でそのようなサービスは行っていない」と回答。大手キャリア3社の中で、対面でアプリ設定サービスを公的に行っているのはドコモだけといえる。

    一方でビックカメラ、ヨドバシカメラ、ヤマダデンキのサービス価格はいずれも税込1650円(2020年12月現在)。値段だけでいえばドコモと同じだが、その内容は若干異なる。

    ビックカメラのサービスはインストールのみだが、1650円で最大5アプリまで対応可能。LINE、Twitter、Facebook、Instagramであれば、それぞれ追加料金(1100円)で設定できる。

    ヨドバシカメラは1アプリ1650円で、インストール、設定、アカウント引継ぎまで。対象はLINE、Twitter、Facebook、Instagramの4アプリとなっている。


    (中略)


    以上より、ドコモの価格設定は特段高いわけではないことがわかる。もしサービスを利用したい場合は、携帯キャリアやサービス内容・価格に応じて店を選ぶのがいいだろう。

    なおNTTドコモは12月3日に若者(デジタルネイティブ世代)向けの新料金プラン「ahamo(アハモ)」を21年3月から提供すると発表。月額2980円(税抜)で月間データ容量20GBを利用することができる。発表資料によれば、受付は実店舗ではなくオンラインで、ある意味「アプリ設定サポート」とは対照的なサービスになっている。
    https://www.j-cast.com/2020/12/06400278.html?p=all

    no title

    no title

    no title

    【【他力本願向け】ドコモが「アプリ設定サポート」を提供開始 お値段なんと、1アプリ1650円 ←税込みですw】の続きを読む

    このページのトップヘ