ワクチン

    fight_virus_woman




    1: ニクス(愛知県) [JP] 2020/12/21(月) 20:28:07.28 ID:x3IWKrp50 BE:318771671-2BP(5500)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    新たな変異種に関する初期段階の分析によると、重要な影響を与え得る17種類の変化が特定されている。

    変化はウイルスのスパイクタンパク質で確認されている。ウイルスが人体の細胞に入り込む際に、扉を開ける鍵のような役割を果たすタンパク質だ。

    N501Yと呼ばれる変異は、スパイクタンパク質の最も大事な部分である、受容体結合ドメイン(RBD)を変える。

    RBDは、スパイクタンパク質の中で、人体の細胞の表面に最初に触れる部分だ。こうした変化によってウイルスが人体の細胞に簡単に入り込めるようになるのであれば、そのウイルスは強化されていると考えられる。

    前出のローマン教授は、「重要な適応をしているように思える」と話した。

    一方、スパイクタンパク質の一部が失われる、H69/V70削除と呼ばれる変異も、これまで何度か出現している。新型ウイルスに感染したミンクからも、この変異が見つかっている。

    ケンブリッジ大学のラヴィ・グプタ教授の研究は、こうした変異によってウイルスの感染力が2倍に高まることが実験で確認されたとしている。

    同教授はまた、この変異が、新型ウイルスに感染して回復した人の血液から取った抗体の攻撃力を弱める可能性もあるとしている。

    グプタ教授は、「(変異が)急速に増えており、政府が懸念している。私たちも、多くの科学者も心配している」と話した。

    どこから来たのか
    変異種は異常なほど高度に変異している。

    出所に関する有力な説として、新型ウイルスに太刀打ちできないほど弱体化した免疫システムをもつ患者の体内で出現したというものがある。

    そうした患者の体は、新型ウイルスの変異の温床になったとされる。
    https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-55391842




    【【負けるな人類】コロナウイルス、新たに17ヶ所の変異 ワクチンへの影響は?】の続きを読む

    shock_woman



    1: ウォルフ・ライエ星(茸) [CN] 2020/12/19(土) 23:01:10.14 ID:W+ae/Nn20 BE:422186189-PLT(12015)
    sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
    米で深刻なアレルギー反応 ワクチン接種後、容体安定―新型コロナ
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020121700204&g=int

    米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は16日、関係筋の話として、米アラスカ州の医療従事者の女性が米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬品企業ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンを15日に接種された後、深刻なアレルギー反応を起こし、入院したと報じた。現在容体は安定しているという。

    この女性にアレルギー歴はなかったが、接種から10分後に激しいアレルギー症状を示すアナフィラキシー反応が現れ、顔面紅潮や息切れの症状が見られた。

    アナフィラキシー治療に用いられる「エピネフリン」が投与され、すぐに症状が治まったという。16日に退院する見通し。




    【【全米に危機】ファイザーの新型コロナワクチン、アレルギー反応が続出・・深刻Σ(゚д゚;)】の続きを読む

    money_kabuken




    1: 令和大日本憂国義勇隊(栄光への開拓地) [ES] 2020/12/16(水) 13:03:03.65 ● BE:828293379-PLT(13345)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon02.gif
    2020年12月16日 6時38分
    市況 NY株式:NYダウ337ドル高、ワクチンや追加経済対策の合意に期待
    米国株式相場は上昇。ダウ平均は337.76ドル高の30199.31ドル、ナスダックは155.02ポイント高の12595.06ポイントで取引を終了した。製薬会社ファイザーに続き、バイオ、モデルナ開発の新型コロナウイルスワクチンの安全性や有効性が食品医薬品局(FDA)により確認され緊急使用が今週中に許可されるとの期待に寄り付きから上昇。その後、与野党の指導者が予算に加え追加経済対策を巡り協議することが明らかになり合意成立への期待感に上げ幅を拡大した。セクター別ではテクノロジー・ハード・機器が上昇した一方で、食・生活必需品小売りが下落した。

    https://s.kabutan.jp/news/n202012160039/


    【ファイザーの役員達はなんで株売っちゃったの?これから儲かるのに・・なんで?(*゚∀゚)っ】の続きを読む

    america_daitouryousen_man (1)




    1: BFU ★ 2020/12/14(月) 06:59:27.07 ID:u3+Ep66W9
    テレ朝ニュース

    アメリカのトランプ大統領はFDA(食品医薬品局)がファイザー社などの新型コロナウイルスワクチンの緊急使用を認可したことについて「自分が急がせた」と強調しました。

     トランプ大統領:「私が大統領じゃなかったら5年間はワクチンがなかった。FDAや関係する企業をこれまでになく急き立てた」
     トランプ大統領は13日に放送された「FOXテレビ」のインタビューで、ワクチン認可までの迅速さをアピールしました。その一方で「正直に言うと、もう1週間早く認可することもできた」とFDAに対する不満も示しました。トランプ大統領はワクチンの認可でイギリスなどに先を越されたことにいら立っていたと報じられています。トランプ政権はFDAの長官に対して11日に認可できなければ辞任するよう、圧力を掛けていたということです。

    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/amp/000201189.html?a=news&b=ni&__twitter_impression=true

    【【成果】トランプ氏「私が大統領じゃなかったら5年間はワクチンがなかった。」うーん・・( ・Д・)】の続きを読む


    1: どこさ ★ 2020/12/12(土) 20:18:19.72 ID:7BBvjxDE9
    英アストラゼネカ、ロシア製ワクチンを組み合わせた治験行うと発表
    BBC 5時間前
    https://www.bbc.com/japanese/55284303

    英製薬大手アストラゼネカのロシア法人は11日、
    英オックスフォード大学と共同開発する新型コロナウイルスワクチンと、
    ロシア製ワクチン「スプートニクV」を組み合わせた臨床試験を行うと発表した。
    2種類を組み合わせることで、
    新型ウイルスの感染症COVID-19への予防効果が向上するか調べるという。

    2種類のワクチンを組み合わせれば、免疫反応が高まる可能性がある。

    臨床試験はロシアで行われ、18歳以上の被験者が参加する予定。
    被験者の人数は明らかになっていない。

    オックスフォード大学は最近、開発中のワクチンが安全で、
    予防効果があることが示されたとする臨床試験結果を公表した。

    研究者たちは英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)からの承認を待つ間、
    高齢者へのワクチンの有効性についてデータを集めている。

    アストラゼネカはアデノウイルス(一般的な風邪のウイルス)を使った
    異なるワクチンを組み合わせることで、
    より良い免疫反応の獲得につながり、
    より大きな予防効果が得られるのかを調べるためだと説明した。

    オックスフォード大学とアストラゼネカによるイギリス製ワクチンと、
    ロシア・モスクワのガマレヤ研究所が開発したワクチンは、
    それぞれSars-CoV-2(新型ウイルスの正式名称)スパイクたんぱく質の
    遺伝物質を含んでおり、
    類似したつくりになっている。

    これらのワクチンは、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発し、
    イギリス、カナダ、バーレーン、サウジアラビアで
    承認されたワクチンとは異なる働きをする。
    アメリカの医療の専門家たちも、ファイザー製ワクチンの承認を勧めている、
    米食品・医薬品局(FDA)は11日夜、ファイザー製のワクチンを承認した。

    「スプートニクV」の後期臨床試験では、期待が持てる結果が示された。

    ロシアは8月、当時まだ数十人にしか臨床試験を行っていなかったにも関わらず、
    世界で初めて新型ウイルスワクチンの緊急使用を許可した。
    現在では大規模な予防接種計画の一環として国民にワクチンが提供されている。

    アストラゼネカは、
    「業界の提携各社、各国政府、世界中の研究機関と連携している。
     アデノウイルスをもとにした2種類のワクチンを、
     うまく組み合わせられるのか調べるため、
     ロシアのガマレヤ研究所との研究を間もなく開始する」と述べた。

    ■<解説>1種より2種のワクチンを組み合わせる方がいい?
    ――ジェイムズ・ギャラガー、保健・科学担当編集委員

    異なるワクチンを組み合わせることで、新型ウイルスに対する免疫が強まる、
    あるいは長く持続できるようになると期待されている。

    オックスフォード大学とアストラゼネカが開発するワクチンと、
    ロシアのワクチン「スプートニクV」にとって
    今回の臨床試験が有益かもしれないと考えられているのは、そのためだ。

    どちらのワクチンも、新型ウイルスの遺伝子コードの一部を人の体内に投与するため、
    不活化したウイルスを使用している。

    ただ、1度目のワクチン接種で免疫がつき、
    2度目の接種で効果が弱まってしまう恐れがある。

    オックスフォード大のワクチンでは、1度目に規定の半量のワクチンを、
    2度目に規定量を投与された被験者グループが最も高い有効性を示した。

    ほかのワクチンを組み合わせることも計画されており、
    異なる観点からの取り組みがより良い結果を生むことが期待されている。


    関連
    英ワクチン、冷蔵庫で保管可能 コーヒー代程度で大量配布に活路―新型コロナ
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112400170
    新型コロナウイルス 治療薬・ワクチンの開発動向まとめ【COVID-19】(12月11日UPDATE)

    no title

    https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17853/

    【【お先にどうぞ】ワクチン組合わせれば、大丈夫なんじゃね?(屮゚Д゚)屮 カモーン ←アストラゼネカ、ロシアと協力へ】の続きを読む

    このページのトップヘ