仮想通貨

    money_kasoutsuuka_kasou (2)



    1: ダークエネルギー(長野県) [BR] 2020/12/27(日) 08:54:42.13 ID:fbosoGP30● BE:323057825-PLT(13000)
    sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
    暗号資産(仮想通貨)ビットコインは、今後も消え去ることはないだろう。
    2020年も再び、筆者を含めた評論家はビットコインを巡る自らの発言を撤回しなければならなかった。
    ビットコインがこれからも存続することを受け入れる時が来ている。

      ビットコインの信奉者は、ボラティリティーによる致命的な打撃も単なる軽傷と受け止めている。
    80%下落しても、思いがけない買いの好機が訪れたとして歓迎される。
    ただ、これは弱点どころか、ビットコインが長く存続している証拠だ。
    ビットコインは年初来で224%上昇しており、以前の過去最高値を更新した2017年の大幅上昇を思い起こさせる。

    資産としての成否を分けるのは、投資家がどのように価格急落に対応するかだ。
    今後もっと高値で買う人物が現れるだろうという理屈で買われている資産の場合、一度急落したら二度と回復しないケースも多い。

      13年3月にビットコインの時価総額が10億ドル(現在のレートで約1040億円)に達して以降、
    最高値まで上昇した後に80%余りの下落局面が続くというサイクルが2回あった。
    各サイクルの前にはマイニング報酬の半減期を迎えていた。

      1回目のサイクルは例外、2回目のサイクルは偶然として片付けられるかもしれない。
    しかし、今年5月に再び半減期を迎えた後、このサイクルがまさに目の前で繰り返されている。
    今これを無視することは、歴史の証拠を否定することになる。

      仮想通貨は依然として投機的な資産であり、富の貯蔵手段との主張を守るためには、ボラティリティーの低下など、さらに多くのことを実現する必要がある。
    しかし、ビットコインが次の急落から回復しないと見込むことは、これまでの経験を否定することになる。
    そして、何が何でも存続することが、ビットコインが最終的に価値の保存手段になるための最高のチャンスとなる。

    懐疑派も黙らせるビットコインの大幅上昇-年初来で224%値上がり
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-12-25/QLUNNQDWRGG101
    no title



    【【仮想通貨】ビットコイン、上昇止まる気配なしw】の続きを読む

    flag-venezuela

    1: はくちょう座X-1(東京都) [IN] 2020/12/20(日) 18:17:50.68 ID:uwGXLRZ10● BE:878898748-PLT(16000)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    経済が破綻したベネズエラが軍を動員して仮想通貨ビットコインの採掘、いわゆるマイニングに乗り出すという。

    報道によると、ベネズエラ工兵旅団は関連映像を掲載し、作業証明アルゴリズムの解読に
    使われるオーダーメイド型半導体(ASIC)採掘装備を公開した。

    これはベネズエラが経験している政治的混乱や厳しい経済状況を解決するためのものとみられる。

    ボリビアのレーニン・ヘレーラ将軍は「われわれの目標はボリビア軍の強化と自生力を育てること」と述べた。

    また、アメリカの経済制裁について言及し「採掘センターは遮断不可能な収入源で、
    植民主義的利益によって遮断・統制される信頼システムの代案となるだろう」と付け加えた。

    ベネズエラは、米国などの国際社会の制裁を受け、自国通貨ボリバルの価値が下がっている(ボリバルは現在は使われていない通貨)。
    ここにハイパーインフレ、政治的混乱など非常に大きな困難に直面している。

    結局、ベネズエラ政府は国際社会との経済的連結策として暗号通貨に依存するようだ。
    政府はビットコインなど暗号通貨採掘を合法化し、政府認可を受けた事業者が採掘できるように許容した。

    https://gogotsu.com/archives/61641
    no title




    【【デフォルトは文化】ベネズエラ、仮想通貨のマイニングに着手】の続きを読む

    money_kasoutsuuka_kasou (1)





    1: チタニア(長野県) [BR] 2020/12/17(木) 07:00:03.45 ID:UpVMpoQv0● BE:323057825-PLT(13000)
    sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
    代表的な暗号資産(仮想通貨)のビットコインが初めて2万ドル台に上昇した。
    金融緩和でマネーがあふれるなか、機関投資家の資金が流入。値動きのよさから投機的な取引も増えている。1年間の上昇率は3倍近くに達した。

    調査会社コインデスクによると、米東部時間16日午前に初めて2万ドル台を付けた。
    節目の2万ドルを超えると価格上昇に勢いがつき、直後に2万800ドル近くと前日比で7%以上、上昇した。
    10月から価格上昇に勢いがついており、仮想通貨の投資が急増した2017年後半に匹敵する値動きとなっている。

    投資マネーが膨らみ、多くのリスク資産が買われる中で、特に値動きのよいビットコインに資金が集まっている。
    スタンリー・ドラッケンミラー氏やポール・チューダー・ジョーンズ氏など著名投資家もビットコインへの投資に動いており、
    個人の投機が中心だった17年とは投資家層に変化も出ている。

    機関投資家の間で主要な金融資産としての認識も広がっている。S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズは21年に暗号資産の指数算出を始める。
    ビットコインなどの値動きは金融市場全体の投資意欲の強さを映す面もあり、注目が高まっている。

    ビットコイン初の2万ドル 1年で3倍に
    https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN16BMV0W0A211C2000000
    no title




    【【朗報】びっとこいん、びっとこいん、びっとこいいいいいいいいいいいいいいいいいいんんんんんんんn (;´Д`)】の続きを読む

    bitcoin-gold02





    sc (7)



    1: NAMAPO ★ 2020/12/16(水) 23:01:08.87 ID:SR+2lm+w9


    【【仮想通貨】ビットコイン210万円到達 過去最高値216万円を超えられるか・・ Σ(=゚ω゚=;)】の続きを読む


    1: 田杉山脈 ★ 2020/12/04(金) 23:07:33.82 ID:CAP_USER
    sc (5)


    10月半ば頃から価格上昇が続いていた代表的な暗号資産であるビットコインの時価総額が、11月18日、3350億ドルに到達した。

    2017年12月につけた記録を更新した。さらに11月30日には、1ビットコインが200万円の大台を突破している。まだ過去最高値は更新していないが、3年前と比較して供給量が増えていることが時価総額更新の背景にある。当時「仮想通貨バブル」と言われていた時代の時価総額を更新したことで、暗号資産から遠ざかっていた投資家が再び関心を示すことだろう。

    今のところ国内のメディアは、日経平均のバブル後の高値更新など世界的な株高が報じられているが、ビットコインの価格上昇に対する報道はあまり見当たらない。人々を惹きつけるかつてのバリューは無くなったのかもしれないが、眠っていたビットコインユーザーを起こすには十分な水準に到達しつつある。本稿では、ビットコインの価格上昇の背景を探ってみたい。
    以下ソース
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77800

    【【朗報】ビットコイン、いよいよ「黄金時代」へ】の続きを読む

    このページのトップヘ