値下げ

    money_kakaku_kyousou




    1: 速報 ★ 2020/12/22(火) 01:29:43.17 ID:lPzgOjBr9
    ※朝日新聞

    https://www.asahi.com/articles/ASNDP76Z4NDPULFA031.html

     ソフトバンクは、携帯電話の料金で、データ容量20ギガバイト(GB)で税抜き月2980円の新しいプランを来年3月にも始める方針を固めた。手続きをオンラインに特化してコストを下げる。NTTドコモが今月3日に発表した新プラン「ahamo(アハモ)」と同じ水準の料金にして対抗する。
     22日に発表する。ソフトバンクは新料金プランを打ち出す枠組みとして、発行済み株式の6割を保有する傘下の格安スマホ「LINEモバイル」を吸収合併する方向で調整している。また、LINEモバイルの残りの株式を持つLINEと、ソフトバンク傘下のZホールディングスが来年3月ごろに統合する予定。これらを踏まえ、LINEブランドを生かして新料金プランを提供する方向だ。
     ソフトバンクは主に、大容量中心のメインブランド「ソフトバンク」と、小~中容量の割安ブランド「ワイモバイル」で展開してきた。ワイモバイルからは、10月末に20GBで4480円のプランを発表。今回の新プランと合わせ、料金体系を刷新する見通しだ。
     ドコモが今月、ソフトバンクなどの料金を下回るプランを発表し、ライバル社の対抗策が焦点となっていた。KDDI(au)も、来年1月に新しい料金プランを発表する方向で調整している。(井上亮)


    ★1 2020/12/21(月) 19:26:37.07
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1608559453/



    【【愛され禿】ドコモに対抗、ソフトバンクも月2980円(税抜)の料金プラン発表   】の続きを読む

    pop_nesage



    1: マスク着用のお願い ★ 2020/12/17(木) 23:40:33.93 ID:efB+zSnB9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201217/k10012770471000.html
    NTTドコモ 5G料金 月額1000円値下げへ データ容量も無制限

    携帯電話最大手のNTTドコモは新しい通信規格5Gを使える大容量の料金プランを月額1000円値下げする方向で最終的な調整に入りました。

    現在ドコモでは、5G向けの大容量の料金プランを、各種の割り引きを除いて100ギガバイトで月額7650円で提供していて、値下げに合わせてデータ容量を無制限とする方向です。

    18日にも発表する方向で調整しています。

    2020年12月17日 23時37分 NHK



    【【朗報】NTTドコモ 5G料金 月額1000円値下げ】の続きを読む


    1: 鬼瓦権蔵 ★ 2020/12/09(水) 16:44:47.39 ID:W8oY0GcA9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/385341981f902051bb25f731f0d437694a6b22b1

    データMAX 5G with Amazonプライムの料金設定
    no title

    「au解約」がトレンド入り
    no title



    みんなの意見
    auが新料金プラン発表、携帯会社どこがいい? 投票数:11,203票
    NTTドコモ 78.6%
    楽天モバイル 7.7%
    その他 4.9%
    ソフトバンク、Y!mobile 4.4%
    au、UQ mobile 4.3%


    KDDIが12月9日に発表した5Gスマートフォン向け新料金プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」に対し、Twitterでは「期待外れ」「微妙」「ahamoと比べると分かりにくい」などの声が相次いでいる。

    データMAX 5G with Amazonプライムは、データ容量の上限がなく「Amazonプライム」や動画見放題サービス「TELASA」の利用料がセットのプラン。
    KDDIの東海林崇(しようじたかし)副社長は発表会で「月額3760円から提供する」と安さを強調していたが、これは「スマホ応援割III」や「5Gスタート割」など、各種割引を適用した価格だ。

    割引を適用しない場合の価格は月額9350円(税別、以下同)で、月間のデータ使用量が2GB以下の場合は自動で7870円に値下げする。
    Twitterでは発表直後から「auの新プラン」「月9350円」がトレンド入りしたが、3日にNTTドコモが発表した新プラン「ahamo」と比較する声が続出。

    複雑な割引を設けずに月20GB・月額2980円のahamoに比べ、各種割引を適用しないと安くならない料金設定に「結局条件付きか」とがっかりする声が上がっている。

    ahamoは月20GBで、動画サービスなどは付属しない。
    データ容量無制限で、各種サービスが付属するデータMAX 5G with Amazonプライムとはターゲット層が異なり、優劣を比較するのは難しい。

    ただし音声通話の面では、ahamoは5分までの通話料が無料だが、データMAX 5G with Amazonプライムは30秒ごとに20円の通話料がかかる。
    この差もユーザーの批判の的になっているようで、Twitterではauからドコモへの乗り換えを検討する声もあった。

    東海林副社長は発表会で、報道陣からahamoの印象を問われた際に「市場に一定のインパクトを与える」と警戒心をうかがわせた。
    ahamoのリリースを受けて、特典を充実させた大容量プランを打ち出したKDDIだが、ユーザーにahamoほど鮮烈な印象を与えることはできなかったようだ。

    9日正午ごろにはTwitterで「au解約」がトレンド入りした。

    【訂正:2020年12月9日午後1時46分:初出時、データMAX 5G with Amazonプライムの料金を税込としていましたが、正しくは税別だったため訂正しました】

    ITmedia NEWS

    【【悲報】auの新プラン「月額9350円」 が凄いw】の続きを読む


    1: 名無しさん必死だな 2020/12/08(火) 16:19:17.59 ID:/6eGHtaJ0
    なんやねんこれ
    no title

    【【悲報】サイバーパンク2077日本の販売価格がヒドイw】の続きを読む


    1: ばーど ★ 2020/12/05(土) 05:58:33.61 ID:6XdqVNEt9
    91ecc1acdc2c4fa37b178b98a8786438_t


    今年4月から携帯電話事業に本格参入している楽天が、データ通信量3~5ギガバイトで現行プランの半値となる千円台も視野に、低容量・低価格の新プラン創設を検討していることが4日、分かった。

     3日に20ギガバイトを2980円で提供する新料金プランを発表したNTTドコモへの対抗措置とみられる。同社が展開する格安スマートフォンの利用者向けにアンケートを開始しており、プラン創設の可否を含め詳細を今後詰める見通し。

     アンケートでは、同社の格安スマホから、主力サービスに移る条件について質問。現状の月額2980円で自社の通信エリアではデータ無制限というプラン以外に、格安スマホと同水準、主力サービスの半額程度で3~5ギガバイト程度のプランなどの選択肢を提示して、利用者の意向を聞いている。

     ほかにもデータ通信量が3ギガバイトや5ギガバイトのプランが提供されると想定したときの妥当な料金を具体的に尋ねるなど、一定の原案を基に、ユーザーの反応を確かめるような設問になっている。

     楽天は参入前の今年3月に「大手の半額以下」との触れ込みで料金プランを発表。プラン数も1つに絞り分かりやすさを強調してきた。しかし、通信エリアの狭さなどがネックとなり、契約者は伸び悩んでいる。

     基地局整備を急ぎ、通信品質を向上させることで契約を伸ばす考えだったが、ドコモが同価格の新プランを発表したことで、関係者の間では楽天が窮地に立たされたとみる向きが強まっている。楽天はアンケートについて「お客さまのサービス向上のために行った」と述べている。

    2020年12月4日 22時23分 産経新聞
    https://news.livedoor.com/article/detail/19329631/

    【【値下げ競争】楽天、3~5ギガの低容量プラン検討へ ドコモに勝利!?】の続きを読む

    このページのトップヘ