効果

    medical_mask05_man



    1: オリオン大星雲(宮城県) [US] 2020/12/27(日) 13:32:45.72 ID:bVeKKdhy0● BE:601381941-PLT(13121)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
    対人距離無視のマスク着用、感染対策に不十分 米研究

    (CNN) 米物理学協会の学術誌は26日までに、新型コロナウイルスの感染対策で一定の対人距離を確保せず、マスク着用のみに頼るのは
    十分な効果につながらない可能性があるとの新たな論文を掲載した。

    他人と一定の距離を置かず接触した場合、くしゃみやせきに伴って放出される飛沫(ひまつ)が顔面に完全な密着状態にあるマスクを通じて
    侵入する可能性があると指摘。この恐れはN95型マスクを除く全てのマスクに当てはまるとした。

    論文は米ニューメキシコ州立大学の微粒子停留問題などの研究者が作成。今回の研究結果については、マスク着用と対面での密接な接触などの
    出来るだけの回避を勧める公衆衛生当局の指針の正当性を十分に裏付ける材料になると主張した。

    研究ではくしゃみやせきが発生する状況を特殊機器を使って人工的に創出し、5種のマスクを使って飛沫の予防効果などを検証。
    用いたマスクはN95型マスク、サージカルマスク、2層式の布マスク、標準タイプの布マスクに湿った2層式の布マスクだった。

    この実験の結果、マスクを装着するウイルス保持者を想定した場合、マスクの顔面との密着度が満足出来る状態だったとしても、
    多くの小さな飛沫が漏れ出ることが判明したという。

    今回の論文作成をまとめた同大准教授は声明で、マスク着用は間違いなく効果があるが他人と至近距離で接した場合、ウイルス伝播(でんぱ)に
    つながる恐れが生じると強調。頼れるのはマスクだけでなく、対人距離を設ける努力とも主張した。

    https://www.cnn.co.jp/fringe/35164443.html



    【【今更感】米物理学協会、マスク着用しても対人距離がなければ効果なし 】の続きを読む

    1: フライングニールキック(宮崎県) [VN] 2020/11/25(水) 17:47:03.11 ID:D24vprKN0● BE:512899213-PLT(27000)
    sssp://img.5ch.net/ico/anime_karake.gif
    糖質制限では健康的に痩せられない!?…糖質もカロリーも制限しすぎはNG、気にすべきはGI値です

    (前略)
    ●極度な糖質制限に潜む健康リスク
    「結論から言えば、減量だけが目的の場合は糖質制限の方が早く体重が落ちるはずです。ただし、極端な糖質制限ダイエットは後から健康面での反動が来ることを知っておいてもらいたいです」。
    その理由は大きく2つ。「炭水化物は体に必要な栄養素」「動物性たんぱく質の過剰摂取は健康リスクを高める」から。
    まず、人間の生命維持に欠かせないエネルギー源である三大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)には理想の摂取比率があり、炭水化物約60%、脂質約20%、たんぱく質約20%と言われています。
    炭水化物の比重が大きいのは、体内のエネルギー源となるブドウ糖を作るために、糖質が欠かせない栄養素だから。極端に摂取が少ないと、低血糖を起こしてフラフラしたり、集中力が保てなくなったりすることがあります。目安としては、ダイエットを意識する場合でも、1日130g程度の糖質は摂取したいところ。

    ただし、炭水化物の中でも、白米や小麦といったGI値の高い食材は、急激に血糖値を上げてしまう性質を持っている上、ビタミンやミネラルを含まないことから満腹感が持続しないというデメリットがあります。健康的にダイエットがしたいなら、ビタミン・ミネラル・食物繊維を含む複合炭水化物(玄米や雑穀米、全粒粉パスタ・パンなど)を中心に、必要量の糖質を摂るのがおすすめです。
    一方の動物性たんぱく質については、特に肉を過剰に摂取すると肝臓・腎臓に負担がかかります。その理由は、たんぱく質には窒素が含まれていて、代謝の過程でアンモニアが発生するから。
    毒性の強いアンモニアは毒性の低い尿素に変換されるのですが、ここでまず肝臓に負担がかかります。さらに、血中に入った尿素はそのままでは尿として排泄できないので腎臓で「ろ過」されますが、それがスムーズに行われなくなると尿酸になり、蓄積されることで通風発症のリスクが高まります。また、悪玉コレステロール値が上がり、動脈硬化などの血管トラブルが急速に進行する危険性も…。

    いかそ
    https://maidonanews.jp/article/13936654

    【【糖質制限】炭水化物カットとかアホの極み←コレw】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2020/11/14(土) 09:45:19.67 ID:bFZrMOoa9
    自民党の二階俊博幹事長は12日、TBSのCS番組収録で政府の観光支援事業「Go To トラベル」の期間延長を主張した。2021年1月末までを目安とする期限について、4~5月の大型連休まで延ばすべきだとの認識を示した。「延長を望む強い声と実際の効果がある」と説明した。

    2020/11/12 16:00 日経新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO66128180S0A111C2PP8000/

    ★1が立った時間 2020/11/13(金) 13:22:03.84
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605303063/

    【【二階幹事長】GoToトラベル、大型連休まで延ばすべき「延長を望む強い声と実際の効果がある」】の続きを読む

    1: 雷 ★ 2020/11/08(日) 19:45:22.13 ID:ol01n9Zi9
     「飲食店でマウスガードを着用しても、安全性を確保することはできない。マウスガードで大きな飛沫を抑えたうえで、換気などによって、エアロゾルに対する対策を行なうことが飲食店には必要である。

     もし、マウスガードを着用するかたちで営業を再開するのであれば、換気との併用が必須である。また、横の席への感染リスクが高いことから、正面とはす向かいはマウスガードで抑え、隣の席との間にパーティションを置くといった対策方法も考えられる」などと述べた。

     なお、理化学研究所では、居酒屋やレストランを想定したかたちで、エアコンやサーキュレーターなどを使った換気の影響についても検証をしていく予定であり、今後それらの検証結果を示せるとした。

     「飲食店は、さまざまなレイアウトが想定されるなかで普遍的なものとして検証することは難しい。だが、換気機能がないエアコンを動作させた場合に、換気扇との組み合わせで、いい方向に働くのか、悪い方向に働くのかといったことも検証していきたい」と述べた。
    https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1282701.html

    no title


    https://www.tut.ac.jp/docs/201015kisyakaiken.pdf

    ★1 :2020/11/08(日) 18:06:35.17

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604826395/

    【【コロナ】マウスシールド、吐き出し飛沫は90%が漏れる 吸い込み飛沫に対しては効果なし】の続きを読む

    このページのトップヘ