電気自動車

    car_denki (1)




    1: 鬼瓦権蔵 ★ 2020/12/27(日) 13:16:16.65 ID:RTtFg6RT9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1185fc90634845f9bd9d6d8335ec18d4a9d46042

    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1609029175/


    記録的な豪雪により発生した新潟、群馬県境付近の関越自動車道の車の立ち往生は、解消までに約52時間を要した。
    立ち往生に巻き込まれて身動きできなくなった場合、車内で暖を取りながら除雪作業を待つことになるが、政府が導入に本腰を入れる電気自動車(EV)は長時間の立ち往生に耐えうるのか。

    上下線で最大約2100台に及んだ立ち往生は、体調不良などを訴えた30~60代の男女計4人が病院に搬送された。

    ドライバーにとっては人ごとではない事態だが、SNS上では、携行缶でガソリンなどの燃料を補給するわけにはいかないEV車が雪で立ち往生した場合、バッテリーが上がるリスクがあるという趣旨のツイートが話題になった。

    EV車の普及は近年目覚ましく、EVとプラグインハイブリッド(PHV)は世界全体で220万9831台販売されている。
    経済産業省は国内で販売する新車を2030年代半ばにEVやハイブリッド車(HV)など電動車にする目標を掲げ、「脱ガソリン車」の方向に向かっていることは間違いない。

    災害時における非常用電源としても期待されているEV車だが、バッテリーは寒さに弱いとされる。

    自動車ジャーナリストの佐藤篤司氏は「エンジンは熱とエネルギーを生み出すが、モーターの場合は消費するのみで、暖房をつけることで容量を大きく消費してしまう。EVは数日バッテリーが持つとされるが、立ち往生した場合、ガソリン車と違って外部からの充電は至難の業といえ、現状では対策できない」と指摘する。

    EV車「リーフ」を生産する日産自動車は「電欠しないよう、ナビで目的地到着時の推定バッテリー残量を表示している。もし、途中で充電する必要があれば、充電スポットの案内などの表示をしている」と回答した。
    その上で、万が一、バッテリーの残量が無くなった場合は、同社が展開するサービスによって、電欠時レスキューコールやホテル代を補償するなどといったエマージェンシーサポートが受けることができるという。

    前出の佐藤氏は、積雪が考えられる地域での走行にスタッドレスタイヤだけではなく、タイヤチェーンの備えを勧めた。
    またEV車の場合、冬のドライブでは、エアコンではなくシートやステアリングのヒーターを使用することで節電になるとアドバイスした。



    【EVという豪雪で立ち往生すると死が近づいてくる塊w】の続きを読む

    world_scotland_bagpipe





    1: カロン(愛知県) [JP] 2020/12/20(日) 14:19:42.50 ID:Aqv7ND0T0 BE:318771671-2BP(5500)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9046854f212188b7445581ed99bf719d78944737

    世界の多くの国は、ガゾリン車やディーゼル車を減らし、その代わりに電気自動車(EV)を増やそうとしている。しかし、スコットランド政府は全ての自動車を減らす目標を立てている。

    スコットランド政府はアメとムチの両方を駆使し、今後の10年で20%の自動車を削減しようとしている。

    「これほど野心的な目標を掲げる政府は、世界のどこにも存在しないだろう」と、政府内閣で環境を担当するロザンナ・カニンガム長官は述べている。




    【【ケルトの狂気】 世界【EV、増やそう】 スコットランド【自動車自体を減らそう】・・・これw】の続きを読む


    1: 風吹けば名無し 2020/12/08(火) 20:56:45.24 ID:O1u5DQ4E0
    最強すぎんか?

    no title

    no title

    【テスラ「株価が1年で21倍になりました。時価総額はトヨタの3倍です」←こいつwww】の続きを読む

    1: ムヒタ ★ 2020/11/25(水) 07:44:25.39 ID:CAP_USER
    温室効果ガスを出さない電気自動車の普及を促そうと、環境省は再生可能エネルギーで生み出した電気で充電できる環境があることを条件に、電気自動車の購入時に最大で今の2倍程度の補助金を受け取れる制度を一時的に設ける方向で検討を始めたことが分かりました。

    国内の二酸化炭素の排出量のおよそ15%は自動車の排気ガスが原因で、経済産業省は走行中に二酸化炭素を出さない電気自動車の普及を促そうと購入する際の費用を最大で40万円余り補助しています。

    しかし去年、国内で販売された電気自動車はおよそ2万台で、年間およそ100万台が販売されている中国をはじめ、ドイツやフランスなどヨーロッパ各国と比べても普及は進んでいません。

    このため環境省は、現在の制度とは別に新たな補助制度を一時的に設ける方向で検討を始めたことが分かりました。

    具体的には自宅に太陽光パネルを設置しているなど、再生可能エネルギーで生み出した電気で充電できる環境があることを条件に、今の2倍程度の補助金を受け取れるようにすることが検討されています。

    実現すれば、補助額はドイツやフランスと同じ水準になるということです。

    必要な費用は今年度の第3次補正予算案に計上する方針で、環境省は来年春をめどに制度をスタートさせたい考えです。
    2020年11月25日 4時37分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201125/k10012729471000.html

    【【買え】電気自動車普及へ 購入時最大で今の2倍程度の補助金検討】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2020/11/15(日) 20:11:30.13 ID:CAP_USER
    英紙フィナンシャル・タイムズ電子版は14日、英政府がガソリン車とディーゼル車の新規販売を禁じる時期を、従来方針の2035年から30年へと5年早める見通しだと報じた。温室効果ガスの排出量を50年までに実質ゼロにする目標の達成に向け、電気自動車(EV)の普及を推進する。

     近く発表する。米カリフォルニア州がガソリン車やディーゼル車の新規販売を35年までに禁じる方針のほか、中国でも同年までに一般的なガソリン車の販売ができなくなる方向だ。英国はさらに野心的な目標を掲げる可能性が出てきた。

     報道によると、英政府はプラグインハイブリッド車(PHV)の販売禁止時期に関しては、35年という計画を維持する見込みだという。

     英国は2月、ガソリン車やディーゼル車の販売禁止時期を、それまでの計画だった40年から35年に早め、ハイブリッド車(HV)も対象にすると発表していた。

     英国で21年11月、気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開かれることもあり、ジョンソン英首相は環境政策に熱心になっているとみられる。(共同)
    https://www.sankei.com/economy/news/201115/ecn2011150002-n1.html

    【【電気自動車】英、30年にガソリン車禁止 EV推進へ】の続きを読む

    このページのトップヘ